防犯意識を高く持とう

無線も便利!防犯カメラの選び方

今や防犯対策は毎日を安心して暮らす為に必要不可欠なものと言えるでしょう。
とりわけ防犯カメラはそれ自体の威嚇効果もさることながら、証拠能力の非常に高い材料を得るアイテムとして注目を集めています。
プロ仕様の製品もだいぶ手が届き易い価格に落ち着いてきたと言えます。
いろいろな機能がありますが、中でもバッテリー式の無線カメラはわずらわしい配線処理が少なく使い勝手が良いので人気が高いといえます。
注意点としては親機からの距離によって撮影能力を著しく損ねることがあるので、いろいろな条件でしっかりテスト撮影をしておいた方が良い点です。
さらに指定した範囲で人などが動いた時のみ反応して録画できるシステムや、ビデオやUSBメモリのような外部媒体に録画を続け、後から振り返って確認が出来るような本格的な機能のものあります。
屋外で使用する場合は、様々な天候下で撮影することも想定されるので、屋外の場合は防水性や防塵性なども意識することが重要です。

有線より格段に便利な無線防犯カメラ

防犯カメラを設置したいけれど、電源から設置場所が離れているので設置できないという方や、監視したい場所が奥まったところにあるので設置が難しいという事情でカメラの導入を断念される方も少なくありません。
しかし、最新式の無線カメラを利用する事によってそのような問題点を解消する事ができます。
無線カメラは、親機と呼ばれるメインのコンピューターを中心に、複数台の防犯カメラを同時に運用する事ができます。
広いエリアの監視が必要な場合も、wifi運用を利用する事によって約600mの距離まで電波を送受信する事ができます。
また、侵入者の入って来やすい向きに設置し、更に遠隔操作でカメラを動かす事ができるので、一層有効な防犯対策となります。
最新式の防犯システムでは、無線技術によって親機に異常情報が集約されますので、コンピューターが異常を感知するとスマートフォンにアラームが送られるため、すぐに警備員を急行させ侵入者を取り押さえる事も可能となります。
ここが、一方向のみの撮影しか不可能な有線式防犯カメラとの決定的な違いです。

pickup

宝石 買取 宅配
http://hoseki-kaitori.jp/

2017/5/11 更新